イノたまごラボ・あのぶる の「こんなの作ったよ!」

ひとりプロジェクト・イノたまごラボの中の人「あのぶる」がどうでもいいことやよくないことをぶつぶつとつぶやきます。

新しい職場でスタートを切ったあなたへ(主に転職者向け)

ほぼ特定個人への私信なんですが、ちょっとポエミーな感じがしたので間接的公開w

まったく自慢にならないのですが、わたし仲間内の中で転職回数だけは群を抜いているようです。*1 ただし業界の中で言うと少なくもないですが大したこともないと思います。

何回かの転職でいろんな人に教えられたり、痛い目を見て学んだことをシェアします。 新人のときに似たようなことはきっと経験したんじゃないかな。でも、1つのところに何年も居ると意外に忘れてしまっていることだと思います。 「わかってるよ!」って言うならいいんだ、うん。まぁ、暇つぶしに読んでみてください。

新しい環境で1から人間関係を構築するのは想像以上に骨が折れるということ

得手不得手もあると思います。飲みに行ったお店でさらりと友達増えちゃうようなタイプだったりするともしかしたら少しは楽なのかもしれない。
とは言え新しい勤め先の人や取引関係の人がどんなにいい人たちだったとしても「相手を知る作業」「自分を知ってもらう作業」が毎回発生します。職場は利害関係がある上、友達を作るより知ってないといけない情報量が多いしシビアさが違う。 このコスト、結構馬鹿にならないです。

自分は思ったより前職の企業文化に染まっているということ

いわゆる超有名企業の「○○語」レベルじゃなくても、その会社独特の用語というか語彙だったり、不文律的な文化というものはあります。 異業種なら言わずもがなですが、同業同職種の転職でも地味に「あっこれもしかして伝わらないのか」って思うことがありました。 新卒からの転職だと余計にストレスを感じるかも知れませんが、そういうもんだと思ってすり合わせ作業をがんばりましょう。 (これはいままで社外の人とどれくらい仕事関係の会話をしているかにもよる)

そんなわけで、入力と調整にコストをかけないといけない時期なので、向こう半年くらいは前職比で実質的な最大出力は落ちても仕方ないということ

これは上司の受け売り。
最初からフル出力を期待する会社なんかロクなところじゃないのでやめてしまえ!(暴言) ……というのはまぁ冗談としても、きちんと人を育てられる人はそれ位の長い目で見てくれているみたいです。

とは言え、自分が今まで積み上げてきたものは必ず新しい会社でも活きるはず。 そしてきっと新しい会社の人たちも、その積み上げてきたものと今の会社に染まる前のフレッシュな感覚を期待してあなたを迎えてくれたはず。 だから焦らずに少しずつ新しい会社に慣れていってください。新天地での活躍を祈ってるし、信じています。

完全に私信

あと、落ち着いたら仙台に遊びにおいでね。転職祝いにおいしいご飯をおごってあげよう。

*1:ちゃんと理由はあります、ジョブホッパーじゃないっす……